開基1080年記念 成田山の美術

江戸の超絶技巧から現代の書まで

催事案内

開催要項

《名 称》 開基1080年記念 成田山の美術 江戸の超絶技巧から現代の書まで
《会 期》 平成30年4月28日(土)~6月10日(日)まで
      9時~16時(入館は15時30分まで)
《主 催》 成田山書道美術館
《休館日》 会期中無休
《入館料》 大人500円(350円)高・大学生300円(200円)中学生以下無料
      ※( )内は20名以上の団体料金

趣 旨

 940(天慶3)年の寛朝大僧正の東行、開山に由来する大本山成田山新勝寺の歴史は、1080年の時を刻んできました。長い歴史の中で、時に信仰の証として、また人々の心の拠り所として伝世してきた多くの美術品は、成田山の歴史として脈々と受け継がれて来ています。殊に江戸期や近現代美術のコレクションは、成田詣の隆盛と重なり、研究対象としても近年大いに注目を浴びています。
 当館では新勝寺開基1080年に際し、新勝寺及び当館で所蔵する美術品を一堂に会して展覧会を開催します。かつて深いご縁で新勝寺と繋がった多くの美術品が、ご見学の皆様との新たなるご縁を結ぶきっかけとなることを願って止みません。

狩野一信「風神」

狩野一信「雷神」

土田麦遷「散華下図」(天女)

成田山書道美術館

〒286-0023千葉県成田市成田640(成田山公園内)
TEL:0476-24-0774 FAX:0476-23-2218
開館時間9:00~16:00(最終入館は15:30)月曜休館